ホースシューペンダント

みなさま、こんにちは。
青山店より、ツカハラです。

本日は、ホースシューモチーフのペンダントに7粒の宝石をあしらったメッセージジュエリーをご紹介致します。

ホースシューは、魔除けや幸運のモチーフとして西洋で最も有名なアイテムの一つです。古代ローマ時代より、鍛冶の技術が発達していたヨーロッパでは、重い荷物を引く等の目的で家畜として飼われていた馬の蹄を保護する目的で馬蹄が作られました。


a0264182_18514081.jpg

No.10593
Gold.DEARESTペンダント
イギリス 19世紀後期
¥200,000+税
※チェーンは別売りです。
(No.11389
Gold.ネックレス
イギリス19世紀後期
¥100,000+税)


馬蹄のモチーフがいつしか、ラッキーアイテムとして用いられるようになったのは、10世紀頃のイギリス、元々は鍛冶職人であった大司教 聖ダンスタンが悪魔と取引をし、馬蹄のある扉には近づかないように約束させた。という伝説が由来しているとも言われています。
とりわけ、古い馬蹄を扉に飾る事が良いとされていたそうです。
馬蹄を下げる向きは上下ともに良い意味合いを持つようですが、イギリスなどヨーロッパではこのペンダントと同じように下向きに飾られることが、比較的多いそうです。


a0264182_18520567.jpg
後に、身に着けられるジュエリーとしてサイズも小さくなりましたが、幸運のアイテムとしての伝説は引き継がれ、結婚式の贈り物としても用いられるようになりました。
こちらのお品物はそんなラッキーモチーフに、
左下から、Diamond Emerald Amethyst Ruby Emerald Sapphire Topaz
の順番にお石が配され、それぞれの頭文字を並べるとDEAREST=最愛の人、大切な人 というメッセージになります。
ヴィクトリア時代に大流行となったセンチメンタルジュエリーは、恋人や大切な人へ密かに思いを伝える手段として互いに送りあわれたそうです。

ラッキーアイテムの馬蹄に、7粒の宝石を配し、ロマンティックなメッセージが込められたペンダント。さぞ、大切な方への贈り物だったのでしょうね。


a0264182_18522312.jpg

a0264182_18523735.jpg
日本でも人気の高いホースシュージュエリー、サイズ感も程よく、ファッションとして、さりげなく身に着けて頂けるのが良いですね。
沢山の幸せが舞い込んで来そうな予感。。。。
青山店にございますので、ぜひご覧下さいませ。


アンティーク ジュエリー GoodWill
青山店 TEL:03-3400-4117

メールでのお問い合わせはコチラ → Contact Us

公式Twitter → Follow Us on Twitter
公式Facebook → Become our fan on Facebook
フォロー、いいね!していただくと、新着ニュース情報を
いち早くTwitter、Facebookでご覧いただけます!

[PR]
by goodwill-1 | 2018-03-03 11:25 | 青山店

アンティークジュエリーショップ『Good Will』ショップスタッフブログ。


by goodwill-1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30